婚活大阪-婚活バー

婚活居酒屋&婚活BAR

私は、大阪のレディース靴の製造と卸売業を行っている会社に勤務しています。

仕事柄、会社の8割以上が女性の社員が多いため職場では出会いがありませんでした。

友達や知人にように何度か大阪周辺で開かれる婚活パーティーにも参加したことがありますが、その場限りの出会いが多く、なかなか交際まで発展する出会いには恵まれませんでした。

パーティーや合コンにも飽きてきた頃に、学生時代の友達に大阪周辺にある婚活居酒屋の存在を教えてもらいました。

友達が何件か通っている婚活バーや居酒屋では、婚活デーになっている日に女性2人以上で来店すると男性客と相席になるそうです。

そこで、相席になった男性客とお酒を通じて仲良くなれる仕組みで、合コンよりも気軽に参加できるそうです。

友達がよく通っている居酒屋では、その婚活デーに来店すると割引券がもらえるうえ、相席した男性客に全額食事代をおごってもらえたこともあったそうです。

堅ぐるしいお見合いパーティーに疲れていたので、好きなお酒が安く飲めるのはお得だと思い、出会い目的よりも飲み目的で参加するようになりました。

紹介してくれた友達は、昔は結婚相談所に入会して活動していたことがあったそうですが、お見合い特有の堅苦しい雰囲気が馴染めず、最近は休会しているそうです。

友達も私と同じく、お酒が大好きなのですが、お見合いの席で出会う男性は、お酒が弱い人が多いうえ、酒豪の女性をあまり好ましく思わない人が多かったそうです。

最初は、おしゃれな創作居酒屋に行きました。

店内に入るときには、店員さんに店内のシステムの仕組みについての簡単な説明を受けました。

最初に相席になった男性客は、酒造メーカーに勤務している営業をしている人たちでした。

出会った場所の創作居酒屋にも自分たちの会社のお酒を卸しているつながり、週に1回程度飲みに来ていると話してくれました。

お酒の営業をしているだけあって、お酒の豆知識なども教えてもらい楽しかったです。

学生時代の合コンのように盛り上がりました。私たち以外のテーブルも盛り上がっていたようで、店内全体が活気づいていました。

料理は、金額が計算しやすいようにコースになっていて、一番安いコースが1000円で、高いものでも3000円ぐらいでした。

席は、時間制になっていて、その日は2時間経つと男性客は別の女性グループの席に移動するか、お会計を済ませて退店するか決めることになります。

その営業の男性組は、明日は朝早くから取引先に出かける用事があるそうで、帰って行きました。

私たちは、まだ飲み足りなかったので、別の婚活バーに行って飲み直すことにしました。

創作居酒屋では、退店するときに次回も使える1000円割引のチケットをもらえました。

バーの方は、居酒屋とはまた雰囲気が違い、静かなで落ち着いていました。

そこでも、ほかの男性客と相席になりました。

バーで出会った男性客は、2人で大学の助教授をしている人たちでした。

さきほど出会った営業マンとはまた雰囲気が違い、どちらかというと聞き上手で私たちが話していることが多かったです。

そこのバーでは、女性客はカクテルであれば、3杯までは無料になっていたのが嬉しかったです。

私は、マティーニとカシスオレンジ、キールを注文しました。

私は、お酒が飲めることが嬉しかったのであまり出会いには執着していませんでしたが、一緒に来ていた友達はバーで知り合った男性の何名からか連絡先を聞かれていました。

後日、友達は、バーで連絡先を交換した人のうちの一人と交際することになったそうです。

ネットで調べると、一人参加限定のバーや居酒屋もあるみたいなので、今度はそこに参加してみようかと考えています。

“婚活居酒屋&婚活BAR” への4件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

  2. Shops that require protection for high risk goods held on the premises will usually need to declare the total values of each stock item. High risk shop stock and goods are those that attract thieves and are expensive to replace. Examples of high risk stock items are electronic equipment, cigarettes, and tobacco, designer clothing, computers and digital equipment, software, computer games and consoles, drugs pharmacy and medicines, watches and jewellery, mobile phones and radios, photographic equipment, power tools, TVs, DVDs, CDs and Wines and Spirits.

    If your shop has high risk stock you can reduce the cost of your premiums by having adequate security in place. This includes an insurance company approved burglar and fire alarm, window grills, shutters and bars, CCTV and sprinklers. Many shop insurers will only offer stock cover if the minimum levels of security are in place for all shops, regardless of the stock contents held. A lot of insurers may offer further large discounts to the premium if the shop owner lives on or above the premises and is there at night.

    Shops by their very nature deal with members of the public and a good insurance policy will usually contain liability cover as standard. This should include Public Liability of up to ?2,000,000 for any one claim by a member of the public who may suffer loss or injury visiting the shop.

    If you employ staff all policies will offer Employers Liability cover of up to ?10,000,000 one event and because shops sell goods and services, Products Liability cover of ?2,000,000 for any one period of insurance.

    https://www.cialissansordonnancefr24.com/achat-cialis-ligne/

  3. ピンバック: http://vioglichfu.7m.pl/
  4. ピンバック: Cialis 20mg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です